臆病者共が何を云う

 八人御先の噂は日に日に昂まって来た。その噂は元親の耳にも入った。元親は嘲笑った。「臆病者共が何を云う、そんなばか気たことがあってたまるものか」 恐ろしい火の玉は城の中にも飛びだした。その火の玉に当って発狂する者もあった、病気になる者もあった。元親の傍にいた若侍の一人も、その火の玉に往き逢って病...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:57 pm  

女は恥かしそうにして笑った

「では、お詞《ことば》に甘えますが」 女はこう云ってまた何か困ったような顔をしながら脚下に眼を落した。「それに、馴れぬ夜路をいたしまして、足を傷めて困っております」 新三郎は負うて往ってやろうと思った。「そんなことなら、負うて進ぜよう」 女は恥かしそうにして笑った。その笑い方が如何にも濃艶...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:57 pm  

久武内蔵助の従弟に当る五月新三郎

 久武内蔵助の従弟に当る五月新三郎は、ある晩、小高坂へ往って親実の邸宅の傍を通っていた。薄月のさした暖かな晩であった。ふと見ると、十六七に見える色の白い女が一人立っていた。人通りのない淋しい路ぶちに、歳のゆかない女の子が立っているのは不思議であるから、(もしや、妖怪ではないか) 新三郎は注意した...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:55 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0108 sec.

http://universal-unity.com/