梅《うめ》の木《き》の下《した》

 いつか、勇《いさむ》ちゃんが水《みず》たまりへ水《みず》を飲《の》みにおりてきたはちを、持《も》っていた棒《ぼう》でたたきおとして殺《ころ》したことがあったのです。 いずれにしても、一|匹《ぴき》のはちはなにかの不幸《ふこう》に出《で》あって、もうかえってこないもののように思《おも》われました。...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:02 pm  

光子《みつこ》さんはしんぱいになりました

 しかし、それはほんとうにすこしずつしか大《おお》きくならなかったのです。二|匹《ひき》のはちが小《ちい》さな口《くち》にくわえてきた材料《ざいりょう》を、自分《じぶん》の口《くち》から出《で》るつばでかためていくのでありましたから、なかなかたいへんなことです。けれど、はちは、たゆまずうまずに、朝《...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:01 pm  

植田の者

 人びとはこう云って恐れた。最近になっても植田の者はその七人御先の墓の傍へ近寄ると、きっと奇怪なことが起った。明治になってからも二人の壮《わか》い男が、其処へ草刈りに往ったことがあるが、一人の男は、「七人御先の墓地へ入らんようにしよう、植田の者に祟りがあると云うから」 と云うと、一人の男は笑って...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:00 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0115 sec.

http://universal-unity.com/