八戸

八戸宮沢賢治

さやかなる夏の衣してひとびとは汽車を待てども疾みはてしわれはさびしく琥珀もて客を待つめり

この駅はきりぎしにして玻璃の窓海景を盛り幾条の遙けき青や岬にはあがる白波

南なるかの野の町に歌ひめとなるならはしのかゞやける唇や頬われとても昨日はありにき

かのひとになべてを捧げかゞやかに四年を経しにわが胸はにはかに重く病葉と髪は散りにき

モートルの爆音高く窓過ぐる黒き船ありひらめきて鴎はとび交ひ岩波はまたしもあがる

そのかみもうなゐなりし日こゝにして琥珀うりしをあゝいまはうなゐとなりてかのひとに行かんすべなし

— posted by id at 03:06 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1692 sec.

http://universal-unity.com/