元親の検使に詰腹を切らされた時

 比江山親興が、元親の検使に詰腹を切らされた時のことであった。親興は一人の家来に耳打をして、それを比江村の己《じぶん》の城へやった。それは妻子を落すためであった。親興には五人の小供があった。 親興の妻は家来の報知《しらせ》によって、五人の小供を伴れ、その夜、新改村の長福寺へ忍んで往った。長福寺の住職は比江山の恩顧を受けている者であった。住職は六人の者を離屋《はなれ》に隠して、何人《だれ》にも知らせないようにと、飯時には握飯を拵えて己《じぶん》でそれを持って往った。「拙僧の命に代えても、奥様とお子様達は、おかくまい申します」 住職はこう云って六人の者を慰めていた。一方元親の方では、親興の妻子を失うつもりで、日吉の城へ討手を向けたところが、もう妻子は逃亡した後であったから、附近へ人を出して捜索さした。「親興の妻子の居処を知らして来た者には、褒美の金をやる」 という布告をだした。六人の者が田路を通って長福寺へ入って往くところを、植田の百姓達が見ていた。金に眼のくれた百姓達は訴人となって出た。 数十人の討手は不意に長福寺へ来た。「比江山の女房小供を渡せ」 住職は驚いたが欺せるものなら欺そうと思った。「めっそうもない、比江山の女房小供が隠れておるなどとは、存じもよらんことでござる」「云うな、比江山の女房小供六人が、此処へ入ったところを、植田の者が見ていて、訴人に出たのじゃ、それでもおらんと云うか」 討手の頭《かしら》は住職を叱りつけた。「でもそんな者はおりません」「争いは無益じゃ、家探しして捕えめされ」

— posted by id at 02:59 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1798 sec.

http://universal-unity.com/