悪人は生け置かんぞ

「悪人を生け置いてたまるか、悪人は生け置かんぞ」 そして、また引っくり返って手足をびくびくと動かしだした。僧は一生懸命になってお経を唱えた。僧の顔には汗が出ていた。「悪人を生け置いてたまるか、悪人は生け置かんぞ」 小供はまたこう叫びながら、体を悶掻《もが》いて畳の上を転げ廻った。「悪人を生け置いてたまるか、悪人は生け置かんぞ」 その夜の明け方になって、小供は座敷のうちを狂い廻っているうちに、ばったり倒れたがそのまま死んでしまった。 残忍な内蔵助もこれには恐れてしまった。彼は物の怪を払わすために、他の寺からも数人の僧侶を招んで来て祈祷をさした。男の子が死んでから七日目の晩になった。僧侶は仏壇の前で祈祷をしていた。内蔵助とその妻は次の部屋で亡くなった男の子の話をしていた。妻の眼には涙があった。その隣には総領の小供のいる部屋があった。総領は十二三になっていた。「南無阿弥陀仏」 と、云う声が総領の部屋で聞えた。夫婦は驚いてその部屋へ飛び込んで往った。総領の少年が部屋の真中へ坐って、腹へ短刀を突き立てて苦しんでいた。内蔵助は後から少年の短刀を持った手をぐっと掴んだ。「なぜ、こんなことをしてくれた」 内蔵助は声を慄わして云った。妻も総領の前へ泣き倒れてしまった。「元親公の御諚で検使が二人来て、詰腹切らされました」 少年は苦しそうに云って呼吸《いき》をついた。そして、落ち入ってしまった。 内蔵助の妻は、二人の小供を殺した悲しみのために、発狂したのかそれもその夜のうちに自殺してしまった。内蔵助には八人の小供があったが、皆その後で変死してしまって、一番末の男の子が一人残っていたが、それは長宗我部家の滅亡の時に、内蔵助と二人で日向の方へ逃げて往ったのであった。

— posted by id at 02:54 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1693 sec.

http://universal-unity.com/