暗い晩

 常七はのっそりと起ちあがって外へ出た。暗い晩で、川の水が処々鉛色に重《おも》光りがして見えた。石を重りにして磧へ着けてあった渡舟の傍へ往くと、常七は踞《かが》んで重りの石を持って舟へ乗り、それから水棹《さお》を張った。「渡船……」 三度目の声が鼓膜を慄わして響いた。「お――い」 舟は中流へ出た。常七は水棹を櫓に代えて斜に流れを切って舟をやった。舟はむこうの水際へ往った。舟底が磧の石にじゃりじやりと音をさした。常七は艫へ立って水棹を突張って客の来るのを待っていた。「舟の用意はいいか」 何処からともなしに云った。常七はその威に打たれて、「よろしゅうございます」 と云った。数人の人が舟へ乗り移るような物の気配がして舟が重くなったが、別に人の姿は見えなかった。常七は己《じぶん》の眼の故意《せい》ではないかと思って舟の中を見直した。それでも物の影はなかった。「急いでむこうの岸へ渡せ」 直ぐ傍で声がしたが、やっぱり物の影も見えない。常七は水棹を持った手をわなわなと慄わした。そして、夢中になって舟を出した。「これは、蓮池左京殿でござるぞ、不義奸侫の奴ばらに、眼にもの見せんと大高坂へお越になるところじゃ、今にその方達の耳へも、不思議なことが聞えて来るが、その方達にはお咎めがないから、恐れをことはない、帰りにもこの舟に召されるぞ」 舟は何時の間にか東の岸へ着いていた。常七は気がつくと舟を飛びおりて渡船《わたし》小屋へ駈け込んだ。

— posted by id at 02:52 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1658 sec.

http://universal-unity.com/