畳かけて斬り込んだ

 市右衛門は畳かけて斬り込んだ。しかし次郎兵衛の手許へは寄れなかった。市右衛門は思いついたことがあった。「土居殿、わしは草疲《くた》れたから休息する、ずいぶん働きなされ」 市右衛門はこう云って刀を引いて後へ退った。次郎兵衛と勝行の二人は人|交《まぜ》もせずに斬り結んだ。双方とも手傷が多くなって来た。市右衛門は次郎兵衛の後へそっと往ってその両足へ斬りつけた。次郎兵衛は仰向けに倒れた。倒れながら、「おのれに出し抜かれたか」 と、云って脇差を手裏剣にして、市右衛門を目掛けて投げつけた。脇差は市右衛門の小腹を貫いた。勝行は次郎兵衛の首を執ることができた。 次郎兵衛の墓は、蓮池城の東南麓の畑の中にある。其処には元の次郎兵衛の邸宅を思わすような、千頭《ちかみ》という素封家の邸がある。小さな丘の蓮池城、其処には今でも城の兵糧であった焼米が出るとのことであった。大正九年八月、私はその蓮池城址に登って、その林の中で紅色をした大きな木の子を見つけて、それを採り、其処からおりて、畑の中で村の人がしょうがさま[#「しょうがさま」に傍点]と云っているその次郎兵衛の墓を見た。 渡守の常七は、渡船《わたし》小屋のなかで火を焚きながら草鞋を造っていた。静な晩で、小屋の前《さき》を流れている仁淀川の水が、ざわざわと云う単調な響をさしていた。常七はもう客もないらしいから寝ようと思いながら、藁を縦縄《たたなわ》から縦縄に通していた。「渡船《わたし》……」 前岸《かわむこう》になった西の堤から大きな声が聞えて来た。常七は草鞋の手を止めた。「渡船……」 また大きな声が聞えて来た。「お――い」 常七はその声に釣り込まれて返事をしながら、「このおそいのに、面倒な奴じゃ」

— posted by id at 02:42 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1945 sec.

http://universal-unity.com/