元親は勝行に注意した

 元親は勝行に注意した。勝行は城を出て西のほうへ向った。「土居殿、何処へ往かれる」 勝行へ声をかけてから二人の侍が後から来た。塩見野弥惣、野中源兵衛の二人で勝行とは親しい仲であった。「蓮池の城といっしょに、勝賀野の首を執りに往くところじゃ」 勝行がその理由を話すと、二人もいっしょに往ってやろうと云いだした。「元親公の云いつけじゃから、御身達を伴れて往くことはならん」 勝行は承知しなかった。其処へまた二人の侍が来た。北代市右衛門と甥の北代四郎右衛門の二人であった。「和主《おぬし》達は何をしておるのじゃ」 市右衛門が云った。市右衛門叔父甥は、勝行の大事の使のことを聞くと、これもいっしょに往こうと云いだした。勝行はしかたなしに四人の加勢を伴れて往った。 次郎兵衛の家は蓮池城の東南の麓にあった。家の前には一条の路が通じていた。その路をやって来た五人の姿は、もう次郎兵衛の眼に注《つ》いた。五人が玄関口ヘかかると次郎兵衛が両刀を差して出て来た。「ただいま承るに、左京之進殿には、お腹を召されたとのことでござるが、左京之進殿は元親公の甥婿でござらぬか、この勝賀野がおったなら、やみやみと腹を切らせまいに、返す返すも残念なことをしたものじゃ、其処許達は、定めてこの次郎兵衛を打ちに参ったでござろうが、まあまあ、遠い処を参られたから、粥でもふるまい申そうか」 次郎兵衛はこう云って嘲笑った。

— posted by id at 02:41 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1700 sec.

http://universal-unity.com/