家老の久武内蔵助親信

「吉良殿の申されるとおり、孫次郎殿をさし置いて、千熊丸をお世嗣ぎとなされることは、順序を乱すの恐れがあると存じます」 親実の右隣から詞《ことば》を出すものがあった。それは、左京之進の同族比江山親興であった。「吉良殿の申されるところも一理があると思われますが、お家のことは、お家の頭領になる者の思うとおりにするのが、理の当然かと考えます」 家老の久武内蔵助親信が左京之進の詞を駁した。親信は父内蔵助親直の後を継いで佐川を領していたが、大仏殿建立の用材を献上した時、元親の命を受けて仁淀川の磧《かわら》で、その材木の監督をしていたところに、左京之進親実が数人の者と狩に来た。傲慢な親信は仕事にかこつけて見向きもしなかったので、血気の多い親実は怒って矢を飛ばした。矢は親信の笠に音を立てて放《は》ねかえった。親信はその怨みを何時も持っていた。「如何に家の頭領であろうとも、人の道にはずれたことがあってはならん、人の家来となって、その君が不義に陥るのを諌めもせずに、却てその不義を助けるとは、言語道断の所業じゃ」 左京之進は親信の顔を睨みつけた。一座はしんとした。「吉良殿には、奇怪至極なことを仰せられるものじゃ、御主君には、信親殿の討死を御歎きの余り、せめてその姫君を千熊丸の御内室にして、それを忘れたいとの御心でございますぞ、それをお考えなさらずに、彼《あ》れ此れと申さるるは、第一御不孝の所業かと思われます」 親信も負けてはいなかった。「何が不孝じゃ、不義に陥ろうとしているところを、陥らせまいと思うて諌めておるのじゃ、其処許《そこもと》のような無道人に阿諛《ついしょう》を云われて、人の道を踏はずそうとしているところを、はずさせまいとするに何が不孝じゃ」「もう、よし、云うな」 不快な顔をして坐っていた元親は、急に立ちあがって奥の間へ入ってしまった。

— posted by id at 02:39 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1674 sec.

http://universal-unity.com/