ついで足をとめたのが川棚温泉である

 ついで足をとめたのが川棚温泉である。関門の都市に遠くない割合に現代化していない。山もうつくしいし湯もあつい。ことにうれしいのは友の多い都市に近いことであった。私はひとりでここが死場所であるときめてしまった。[#ここから2字下げ]花いばらここの土とならうよ[#ここで字下げ終わり] こんな句が...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:12 pm  

句集の原稿

 句集の原稿は、緑平居で層雲から写してまとめたが、句数は僅々百数十句に過ぎなかった。これが、これだけが行乞流転七年の結晶であった。 私はその句稿を頭陀袋におさめて歩きつづけた。石を磨いて玉にしようとは思わないが、石には石だけの光があろう、磨いて、磨いて、磨きあげて、せめて石は石だけの光を出そうと努...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:11 pm  

場末の二階

 ようやくにして、場末の二階を間借りすることが出来た。そしてさっそく『三八九』を出すことになった、当面の問題は日々の米塩だったから(ここでもまた、井師、緑平老、元寛、馬酔木、寥平の諸兄に対して感謝の念を新らしくする)。 明けて六年、一月二月三月と調子よく万事運ぶようであったが、結局はよくなかった。...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:10 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0701 sec.

http://universal-unity.com/